子供の自律神経失調症が最近では増えています。


一見何も問題がないように見えますが、実は大人のような症状がある場合がありますので、見過ごさないように注意したいものです。

子供の自律神経失調症の症状として、不安感やうつなどの精神的なものがあります。
これによって、引きこもりとなり学校に行かなくなり、最悪なケースですと自殺してしまうのです。

精神的な不安感や悩みから、身体にもさまざまな支障をきたします。

例えば、精神的なストレスが原因で下痢や便秘を繰り返してしまう子供もいるのです。
男の子が下痢を起こしやすく、女の子は便秘になりがちです。

こういった症状があれば、子供の自律神経失調症かもしれないと疑い、早めに治療に入るようにしたいものです。
そのほかにも、胃が痛くなったり、腎臓の機能が低下するために尿量減少などの症状が現れることがあります。


あるご家族の方に、自律神経失調症で苦しんでいる中学1年生のお子さんがおられましたので、その彼に「自律神経失調症 克服プログラム」という動画を見ていただきましたが、簡単に実践することができました。
既に2000人以上の方が克服されてきたプログラムとして有名なのでご存知の方もいるかもしれません。
⇒自律神経失調症・克服プログラム

結婚式余興