パニック障害チェック方法

パニック障害のチェック方法は、確実ではありませんが簡単な質問に答えて判断するというものがあります。
こちらではチェック方法として日常生活の中で生じる症状を紹介しています。

以下の項目で当てはまる項目はありますか?

・ズキズキと頭痛がして、吐き気や めまいに耐え切れず 職場に遅刻することも…
・寝ようとしても 目が冴えて、なかなか寝付けない、逆に 寝過ぎることも…
・翌朝は カラダが鉛のように重く、起き上がれない、寝ても疲れが取れない…
・些細なことでも落ち込み易く、そこからなかなか抜け出せない…
・食欲もなく 仕事にも行きたくなくなり、憂うつな気持ちになる…
・激しい落ち込みが続き、日常生活(歯磨き・ひげ剃り・入浴など)の事ができない…
・全身がだるい、何をするにも億劫で 集中力・思考力・判断力が低下…
・その為、周りからは「怠けている」「寝てばかり」と思われ、家族や 周囲の理解を得ることが難しい…
・風邪をひきやすく、肩コリや 首がはる、手足が冷えやすい、のどの違和感がある…
・自分に対する無価値感、無能感にさいなまれる。些細な事でも悲しくなったり腹が立って、相手を責めてしまうこともある…

こういったチェック法に答えることで、パニック障害がどうかわかるようになっています。



私の知り合いに7年間のパニック障害に苦しんでいる方がいました。
転々と何度も病院を変えても直らなかった彼が、薬にも頼らずにこの治療法のお陰でパニック障害を克服した方がいます。

本人ですら「こんなにも簡単に克服することができるとは思っても見なかった。もっと早く出会いたかった。」と困惑しているぐらいです。
きっとパニック障害でお悩みの方の力になってくれると思います。
⇒パニック障害克服プログラム

結婚式余興